内部対策

せっかく風俗店のホームページ制作のshoyaできれいに作ったホームページ、お客さんに見てもらわなければ、

意味がありません。そこでSEO対策です。

SEO対策について簡単にできるのが、内部対策です。

これはホームページ内に適切なキーワードなどを施すことなのであるが

これにはいわば「正解」というものが存在しない。

厳密に言うならば「正解はあるのかもしれないが、私たちには知ることができない」のである。

なぜなら、検索順位を左右するロジックはGoogleなど検索エンジンが考案したものであるが、

これの大まかな仕様こそ公開されているものの、

具体的に何のパラメーターがどの程度の重みで評価されているか、

とかいったことは一切公表されていないのである。

すなわち、私たちは経験則に基づいて「こうした方が良い」、

「このチューニングは失敗だった」といった試行錯誤を繰り返しつつ、

「正解」に近づいていくしかないのである。

かつて検索エンジンの黎明期には、検索ロボットの精度も低かったため、

例えばkeywordに「デリヘル 地域名 デリバリーヘルス」

などとキーワードを詰め込めば詰め込むほど効果が期待できた。

だが近年では検索エンジンの精度は極めて高くなり、

keywordについては、ほぼ評価されなくなった。

descriptionについても、検索結果画面に表示されることはあるが、

検索順位には全く影響しない。

しかし、ネットで調べて出てくるような「SEO対策」は未だにこうした手法を重要であるとしている。

今や全く効果がないにもかかわらずである。

また、検索エンジンのSEOスパム検出精度も向上した。

かつてはホームページ内に、ひたすら強調したいキーワードを羅列すればすぐさま検索順位がアップしたものだ

しかし今日ではこうした手法は全く効果が無いばかりでなく、

ペナルティを誘発する。

では、どのような内部対策が重要なのか。htmlの文法はある程度正しい方がよい。

ページ内の「コンテンツ」が重要である。

たとえば、「ソープランドについて」というページの中で、ピンサロについて延々と描いたとしても、SEO的にはあまり意味が無い。

ページのタイトルと内容が一致していないためだ。

ソープランドに関するページであるならば、ちゃんとソープランドについて書かなければならない。

むろん、過剰なキーワードの詰め込みは禁物だ。さらに、ページのボリュームを増やすことも重要。

在籍の女の子にブログを書かせたりするのは、こうした効果を狙ってのことでもある。

風俗専門のSEO業者風俗 SEO対策はその辺をちゃんとやっているみたいですね。

参考にしてみると良いかもしれません。